Chef Inoue

オーナーシェフ 井上 旭(いのうえ のぼる)

Noboru Inoue / Owner Chef
オーナーシェフ 井上旭

1945年 鳥取県に生まれる。
21歳で渡欧。スイス、ドイツ、ベルギーを経て、フランスの三ツ星レストラン トロワグロ、パリのマキシムで修業する。
1972年に帰国。
31歳で銀座レカンの料理長として腕をふるう。
1979年に京橋ドゥ・ロアンヌを開店。
1984年に京橋にオーナーシェフとしてシェ・イノを開店。
以後、
1995年に渋谷 マノワール・ディノを開店。
2004年に恵比寿 ドゥ ロアンヌを姉妹店としてオープン。
2004年12月、京橋シェ・イノが引越し、新たにオープン。
2010年 日本橋ポンドール・イノをオープン。

 

2007年に、ボルドーのコマンドリー、フランス農相の農事功労賞、日本の「現代の名工」を受賞。

東京サミット、京都銀閣寺、奈良薬師寺など、歴史的なイベントでも料理・サービスを担当し、いずれも大成功を納めている。

 

親分肌で義理人情に厚く、全国に門下生たちが活躍している。
常にフランス料理の未来をみつめ、伝統の上に立った創造性あふれる料理を追及している。

ハウス食品のコマーシャルにも度々、出演。

シェフ井上がレスランウェディングを語る

20年にヨーロッパ各国で7年間修業した井上は、ギリシャ時代から面々と受け継がれ発展してきた食文化を極め、帰国してからは、日本のお客様にも味わっていただけるよう、最高峰のおもてなし料理を提供し続けています。
新郎新婦が人生で最も大事な日を大事な方々と過ごすウェディング。
そこに美味しく感動的な食卓があったら、お二人の皆様への感謝の気持ちをお支えすることができます。
1995年にオープンしたマノワール・ディノは、楠に見守られながら、何組ものカップルと喜びの食卓をともに作り、幸せの時間を過ごしてまいりました。
一方で、各界でご活躍される世界のVIPの方々も日々お迎えしております。
一つ一つのテーブルにロマンが開きますように、思い出が残りますように、精一杯の仕事をして参りましょう。
それが私のロマンです。

INOUE THE WORKS 伝統と創造の料理人

オーナーシェフ井上旭による料理写真集

撮影:早川 哲

 

井上旭シェフのフランス料理に対する情熱と哲学 そして、カメラマン早川哲による料理撮り下ろし写真集 レストランにて購入いただけます。

 

お問い合わせはレストランスタッフまでお願い致します。